スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
祭り雑感
今年もたくさんの祭りやイベントに参加してきた。

「播州風舞」として。
「本丁筋」として。
「見物人」として。

何を目指そうとして行われているのか、携わってるスタッフにどこまで理解が浸透してるのか、踊り子がどんな思いで参加してるのか等を考えながら参加してきた。
特に裏方の動き中心に見てきた。

ここで全ての祭りの論評をするのは避けるが、私たちがやってる「でえしょん祭り」はどうだろう。

この祭りはそもそも地域の人が踊り子やスタッフとして顔が繋がり、長い将来の町づくり人づくりを目的にやっている。
それが自分の好きな「よさこい系踊り祭り」ならなお楽しい、という事でやっている。

だから、できるだけ「踊りに来るだけ」「よそのチームや運営スタッフの事は無視」というチームはご遠慮いただいている。

チームの踊り子にしても、特にヤンチャ盛りの子たちは騒ぐために参加してる祭りも数多く見かけた。
他チームとのトラブルも幾多見かけた。
そんなチームはリーダーの資質が疑われる。
挨拶が出来ないチームもしかりである。

私も地元の子供チーム2チームの運営に協力している。
ここをご覧のかたにもお願いしたいのだが、その2チームのことについておかしな点があればぜひ教えて欲しい。
自分では目が届かない点もあるかと思うし。

来年も謙虚な気持ちで各地の祭りやイベントに参加させていただきたいと思っている。



スポンサーサイト
【2006/11/22 09:43】 | よさこい | コメント(5) | page top↑
<<木曜日は義士祭 | ホーム | 龍馬生誕祭>>
コメント
ほんとに
お世辞なら誰でも言える。
本当にその人やそのチームが良くなればと思って言っても、ほとんどが聞いてもらえない。
言えば「そんなことを言って」と言われだんだんとお世辞しか言えない関係となってしまう。
こうして、「言ってください」と言えるひげpapaが素敵だなぁ~♪
【2006/11/22 23:38】 URL | まっき~! #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
あはは、ほめ合いするのはイヤなんですよ。

愛情のあるチームほど一言言ってしまうので、「あんたが係わってる○○はどうよ!!」って言われるのがイヤなので気づいた点は指摘して欲しいんです。

実際「こいつらしばいたろか!」って思う奴らもいるんですよ。

また僕が指摘することで、「受け入れる度量のあるチーム」と、「ひげPAPAは敵や!」って思ってしまうチームも実際あるんですよね(>_<)

自分は井の中の蛙になりたくないので、色々指摘してね。

「ひげPAPA祭りで飲みすぎ!」ってのは、某親びんから指摘済みなので他のネタでよろしくね(^_^)v
【2006/11/23 00:03】 URL | ひげPAPA #-[ 編集] | page top↑
第一回のでえしょんまつりに見物人として参加して感じたのは、「地元でするなら、こんな祭りを・・・」と思っていました。
そして来年その夢が実現しそうです。
しかしホストチームとしてのチームの資質に不安もあります。
祭りに関わる人たちに、どれだけ理解をして貰い、気持ちよく参加してもらうか?って部分を一番に考えます。
学生主催のイベントであちこちのスタッフに聞いても誰も判らないし、答えがバラバラだったり・・・。

「でえしょんまつり」ではスタッフの方に「遠いところからご苦労さん」といつも、言って貰い、その一言だけでも参加して嬉しく思っています。
【2006/11/23 11:38】 URL | Chaff #-[ 編集] | page top↑
こんにちは☆
ちょっと方向性が変わりますが。。。。汗
コメントをば。

「祭り中」にしか視点が向けられていないのは悲しいです。
私は、町づくりも人づくりも普段の日常生活がそもそもの基盤やと思っています。
普段、何気ない時に会った時、祭り中に感じていた親近感が感じられない大人の方が多いのにはビックリします。
えっ?優しいのは祭りの時だけ?みたいな・・・笑。

鬼ごろしでは、そういう点を言っています。
祭りだからといって愛想を振りまかなくていい。普段通り、楽しみなさい、と。その変わり、祭りで発見した事や学んだ事、指摘された事は、祭りで直すんじゃなく、普段の生活に取り入れなさい、と。
祭りや踊りがなくとも、魅力あるステキな人間になりたいですから!

子どもたちの方が、生活圏の中に祭りや踊りがある気がします。
【2006/11/24 12:01】 URL | かなちん #bM4TJFTs[ 編集] | page top↑
chaffさん♪
いよいよ地元で実現しますか。
第1回でえしょん祭りでは一緒にステージの釘打ちしてもらったのを思い出します。m(__)m

赤穂では全てのチームがホストでありスタッフである、との位置づけでやっています。
少ない予算なので体を使って運営しています。

来年実現したら、釘打ちに行きますね(^_^)v


かなちん♪
あはは、子供代表できたか(^_^;)
赤穂は狭い町なので普段の生活からみんな顔見知りなんですよ。

もちろん祭りだけじゃなく色んな活動に携わってるので、普段からの行動はしっかり見守ってますよ。
世代を超えて話すきっかけが祭りってだけですから。

市内チーム全てが顔見知りで仲がいいのが赤穂の自慢です。



【2006/11/24 13:43】 URL | ひげPAPA #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。